サプリメントで「膝痛」を予防できる?膝痛サプリの効果とは

MENU

膝痛を予防する方法|膝痛サプリで「膝痛」を予防する効果が期待できる?

「膝痛」の原因は肥満によるものが多い

 

膝痛」の予防のために重要なことのひとつが「体重を増やさない」ということです。
現在「膝痛」に悩んでいる人の多くは、以前よりも体重がかなり増えていて、自分の体重が膝に負担を抱えているというケースがたくさんあります。

 

膝痛」の予防効果を得るためにも、できるだけ体重をベストな状態で安定させておくことがとても大切です。
もし、ダイエットの必要があるという人は、膝に負担をかけないように工夫しながらダイエットに取り組みましょう。

 

膝に負担をかけない運動で脂肪を燃焼

 

ダイエットに運動は不可欠です。
しかし過度な運動をすると「膝痛」を悪化させてしまうことにもなりかねないため、できるだけ膝に負担をかけにくい運動をすることが望ましいです。

 

水泳

膝に負担をかけない運動として代表的なのが「水泳」。
水の抵抗力で膝に体重がかかりすぎることを防いでくれるので、水中でウォーキングをするだけでも膝に負担がかかりにくいです。

 

もちろん、普通に泳いでいても膝に悪影響を及ぼすことはほとんどないので、水泳やプールに抵抗がない人は、ぜひ積極的に取り入れてください。
水泳は苦手という人や、近くにプールがない人などはウォーキングや筋トレがおすすめです。

 

ウォーキング

ウォーキングよりもジョギングのほうが脂肪燃焼率は高くなります。
しかし体重が重いと膝に負担をかけてしまい、「膝痛」の悪化につながってしまいます。

 

最初は短い距離からウォーキングをはじめて様子を見ましょう。
少しずつ足に筋力がついてきたら距離を伸ばしたり、ゆっくりとジョギングするなどして少しずつ負荷を増やしていきましょう。

 

筋トレ

膝に負担をかけない範囲での筋トレもおすすめです。
体に筋肉をつけると脂肪燃焼率が高まり、かつ代謝が上がって太りにくい体になります。

 

足に筋力がつけば膝への負担が減り、「膝痛」の予防効果も期待できます。
適度な筋肉をつけられるよう、少しずつ筋トレにチャレンジしてましょう。

 

食べ過ぎに注意、太りやすい食事も控える

 

食生活を送る上で、食べ過ぎに注意することは必須です。
若いころは代謝能力が高いです。

 

さらに部活などで今よりも体を動かすことが多いなど、食べても太らなかったという人も多いと思います。
しかし年齢を重ねると運動量が減るのはもちろん、基礎代謝量も低くなります。

 

そのため食べた分がどんどん脂肪に変わっていってしまいます
食欲の赴くままに好きなだけ食べているという人は、体重が増えて「膝痛」を引き起こす可能性があります。

 

すでに「膝痛」の人はさらに症状が悪化してしまいます。
食事は腹八分目を心がけ、食べすぎないように注意しましょう。

 

甘い物や糖分が高いものを好んで食べる人は、これらの食べ過ぎにも注意が必要です。
炭水化物も糖分の仲間なので、お米やパスタ、パンなどが大好きという人は量に気をつけてください。

 

夕食後は寝るだけでエネルギーを消費しないので、夕食だけ炭水化物を控えるというのも、ダイエットに効果的です。

 

過度なダイエットは「膝痛」予防効果を下げる?

 

膝痛」を予防するためにダイエットはとても大切です。
ただ、過度な食事制限などきついダイエットをすると、予防効果が半減してしまいますので気をつけましょう。

 

ハードな運動によって膝に負担をかけてしまうと、「膝痛」が悪化してしまいます。
また食事を少なくし過ぎたために必要な栄養を摂ることができず、関節のクッションになってくれる栄養素が足りなくなってしまうと、「膝痛」を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

ダイエットは必ず無理のない範囲でしましょう
今現在かなり体重がオーバーしてしまっているという人でも、1ヶ月に2キロ程度の減量を目安にゆっくりと取り組みましょう。

 

「膝痛」を予防する食事方法

 

コラーゲンが豊富な食材を意識的に摂取する

 

膝痛」の予防には、食事を意識することもとても効果的です。
膝痛」の予防効果が高い栄養素のひとつに「コラーゲン」が挙げられます。

 

コラーゲンはアミノ酸の一種で、いろいろな食材に含まれていますが、身近な食材では手羽先などの鶏肉に多く含まれています。
手羽先でスープを取り、冷蔵庫に入れておくと翌日ゼリーのように固まっていますよね。

 

あれはゼラチン質が固まったもので、コラーゲンがたっぷりなのです。
お鍋にしてもよいですし、焼いて食べても美味しいです。

 

手羽先はいろいろな調理法がありますので、ぜひ積極的に食べるようにしましょう。
ただし、味付けを濃くし過ぎるとカロリー過多になってダイエットの妨げとなります。

 

できるだけ薄味で、野菜の摂取も並行してバランスよくいただくようにしてください

 

油分の強いものは避ける

 

膝痛」の原因は、膝周りの炎症が原因となっていることが多いです。
その炎症を引き起こすものとして、「油」の過剰摂取が挙げられるのだそうです。

 

油は人間の体に必要なものですので、良質な油分は積極的に摂るとよいです。
しかしコーン油やひまわり油などの、「トランス脂肪酸」が多く含まれる油は「膝痛」の原因となることがあるので、できるだけ摂取を控えましょう。

 

グルコサミンやコンドロイチンが豊富な食材を積極的に摂る

 

膝痛」の予防効果があるとして広く知られているのが、「グルコサミン」や「コンドロイチン」ですね。
これらの栄養素が豊富な食材として代表的なのが、納豆やオクラ、なめこ、山芋などネバネバした食材です。

 

ネバネバ食材以外では、干しエビにも豊富に含まれています。
ただ、干しエビ自体がとても小さいので、かなり食べないと必要な量の栄養を摂取するのは難しいです。

 

サプリで「膝痛」を予防する効果が期待できる

食事で摂りきれない栄養を補ってくれる

 

グルコサミンコンドロイチンなどの、「膝痛」を予防する効果のある栄養素を食事で摂取することが難しい場合に、活躍してくれるのが「サプリ」です。
本当にいろいろなサプリがさまざまな会社から販売されています。

 

サプリは食生活が不規則だったり、なかなか食事で摂取することができない栄養素を、手軽に、かつ効率的に摂取することができる画期的なアイテムです。
グルコサミンコンドロイチンなど、「膝痛」の改善や予防に特化して作られているサプリもあるので、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。

 

サプリは薬ではなく食品ですので、摂取することで副作用が起きるということはほとんどありません。
摂取するタイミングや量についても特に規定はありません。

 

その商品に明記されている推奨量を守って摂取するのが、もっとも効率よく予防効果を発揮してくれると思われます。
推奨量以上に飲んだからといって効果が高まるわけではないので、1日の必要量を守って摂取することをおすすめします。

 

ダイエット中でも「膝痛」に必要な栄養素を摂取できる

 

サプリで「膝痛」を予防することのメリットは、ダイエット中でも必要な栄養素をしっかり摂取できるという点です。
ダイエット中は食べ過ぎは禁物ですが、いろいろな食材から「膝痛」予防に必要な栄養素を取り入れようとすると、どうしてもたくさん食べてしまいます。

 

サプリのみに頼るのは危険ですが、忙しい現代人でも必要な栄養素を手軽に取り入れることができるのはサプリならでは。
かしこく利用して、「膝痛」予防効果を最大限に吸収して、快適な毎日を送りましょう。

 

グルコサミンに加えて天然野草「オオイタドリ」も配合されたマイケア【イタドリ】があります!

イタドリ

マイケア【イタドリ】ふしぶしサプリ
北国の天然野草「大痛取(オオイタドリ)」配合!!
【軟骨補充】グルコサミンコンドロイチンに加えオオイタドリで膝のサポートにプラス!
オオイタドリにはレスベラトロールなどのポリフェノールが豊富!
【とくとく価格】2,160円 (通常価格)2,400円
イタドリ
安心の全額返金保証付き!

膝痛サプリメント

>>膝痛に効果的なサプリメントのBEST3はこちらから<<

 

膝痛サプリで「膝痛」を予防する効果が期待できる!?記事一覧

膝痛,曲げると痛い,原因

歳を取ると特に膝の痛みに悩む方が多くいます。その原因としては、人間の体の関節は、骨と骨の間に軟骨があり、その軟骨がクッション代わりになり曲げる動作をスムーズにします。しかし、加齢と共にその軟骨がすり減り、骨と骨が直接こすれ合うことで痛みを発生します。膝の関節は、体の重みを支える部分であり、長年の歩行...

膝痛,場所,原因

膝痛と一言で言っても「膝の内側が痛いのか外側が痛いのか」それとも、「前や後ろが痛いのか」さらには、「膝の中心部が痛いのか」など実はいくつかの場所に区分することができるようになっています。膝痛を発している場所を特定することによってどうして痛みが出ているのかという原因が異なっているのです。適切な対処をす...

膝痛,サポーター,効果

膝痛になると、歩くのがきつかったり、走れなくなって不便なものです。また、重度の膝痛の場合には、医療機関などで治療・手術などをしてもらう必要もでてきます。ですが、ちょっとした膝の使いすぎなどによる軽い痛みなどで、医療機関に行くほどではない場合の対策として、サポーターを使うのもいいでしょう。痛みがある状...